環境への取り組み

フロン回収・再生

我が国では、オゾン層保護のための国際枠組み(モントリオール議定書)に基づき、1988年に「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(オゾン層保護法)」を制定して、1989年7月からオゾン層破壊物質の生産・輸出入の規制を開始するとともに、その需要を円滑かつ着実に削減していくための施策を行なっています。
  • オゾン破壊係数(ODP*):0.005〜0.52
  • 地球温暖化係数(GWP*):1,500(HCFC-22)
  • 主な用途:エアコン等の冷媒、各種断熱材の発泡剤、電子部品・金属部分等の洗浄剤







  • 特定のフロン使用機器を廃棄するときは、法律に従って行う必要があります。機器の種類により、家庭用エアコン・冷蔵庫は家電リサイクル法、カーエアコン(自動車を廃棄するとき)は自動車リサイクル法、業務用の冷凍・冷蔵・空調機器はフロン回収・破壊法によって規制されており、これらの機器を廃棄するときには、フロンが大気中に放出されないよう、回収して、適切に処理しなくてはいけません。特に、店舗、工場、事務所、ビルなどを改修、解体するときに、建物に据え付けられた冷蔵機器や空調機器からフロンが漏出する可能性がありますので、工事業者とよく相談して、フロン回収を忘れないようにしてください。

    お問い合わせ先

    弊社では、フロン回収促進を重要課題とし同時にフロン再生業務を行って行く事を最大テーマに掲げ、平成16年の3月に愛媛冷媒回収促進センターが導入のフロン再生施設を運営しております。
    当施設をご利用されたい方は弊社迄お問合せ下さい。
    • 愛媛県松山市立花1丁目9番12号
      アジア店装ビル301A室
      TEL:089-947-2623
    • TEL:089-946-0587  
      FAX:089-946-0591

    • 回収フロン処理票(日設連製)を必ず添付して下さい。
    • 回収業者名、ガス種類、容量は必ず記入の事
    • 処理料金の決算:月末締、1ヶ月以内に銀行振込